ポイントUP中!!怪しいけど、一撃50,000円相当獲得できるチャンス。

不動産イメージ

昨日に引き続き不動産投資案件の紹介です。こちらも50,000円オーバー相当のポイントが手に入ります。ポイントが高額になればなるほど、逆に危険な感じもしてきます。あくまで個人的な感覚ですが・・・
とはいえ、一撃50,000円超えはやはり魅力的。ANAマイルに変えても40,000マイル以上が獲得できます。ということで、案件の中身と各ポイントサイトのポイント数を確認しておきたいと思います。

ポイント数の比較

各ポイントサイトでポイントUP中ですので、どのサイトから申し込むかを検討する・・・となれば、まずはどこ得で比較しましょう。

リフレクトどこ得

ちょびリッチが最高ポイントの55,000円相当で、ハピタス、モッピーと続き、この3サイトが50,000ポイントを超えています。(6月12日19時現在)
ハピタスで友達紹介制度の還元分を加味すると、ちょびリッチを超えていると考えることもできますし、JALマイルを貯めるならモッピーを利用することになるのではないでしょうか。

案件紹介

そもそもこの案件、REFLECT PRPPERTY(リフレクトプロパティ)は、HPから目的を確認しますと、年金不安を抱えるサラリーマンや自営業、公務員の方々にももっと身近に不動産投資、マンション経営を感じてもらい、不動産投資を通じて安定的な老後生活やお子様の将来を守るための、経営に関する知識とノウハウを提供してくれるそうです。

具体的には、HPをみると①不動産の購入→②家賃収入からローン返済を実行して、安定した不動産収入を手に入れようということみたいですね。ものすごく単純に考えると、継続的に借り手が見つかる不動産を見つけれるかどうかが、一番重要なポイントとなるのではないでしょうか。

空き家が増えているとの報道もよく耳にしますし、今後人口減少社会を迎える中で、どの程度不動産の需要があるかをよく考える必要があるのかもしれませんね~

ハピタス

まずはハピタスから見て行きましょう。
ハピタスセレクションの案件ですので、期間限定となっており、6月13日(水)までです。こちらは緊急停止の場合もあるとの記載があります。

ハピタスリフレクト

獲得ポイント:54,000ポイント(54,000円相当)

ポイント獲得条件
WEB申し込み後、不動産投資に関する面談完了(本人確認必須)
※お電話のみでは、対象になりません。
※ご本人様、もしくは配偶者様が下記条件を全て満たされている方(配偶者様の場合は、配偶者様の各書類をご用意ください)
・過去にREFLECTPROPERTYと面談をしていない方
・昨年の個人年収が500万円以上の方
・<上場企業、それに準じる企業(=資本金1億円以上)、またはそのグループ会社>にお勤めの方で、
昨年の給与所得の源泉徴収票(コピー)をご提出いただいた方、
もしくは<公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師>として現在お勤めの方
・勤続年数が3年以上の方
・勤務先の名刺のご提出(名刺がない場合は、健康保険証のコピーをご提出ください)
・申し込みフォームに必要情報を全てご記入いただけた方
(不備・不正・虚偽・いたずらなどがあった場合は、対象外となります)
※時期、タイミング、お住まいの地域により面談が出来かねる場合がございますのでご了承ください。

ポイント却下条件
ご本人様、もしくは配偶者様が下記条件に一つでも該当する方
・過去にREFLECTPROPERTYと面談をしている方(お電話のみでは、対象になりません)
・昨年の個人年収が500万円未満の方
・<上場企業、それに準じる企業(=資本金1億円以上)、またはそのグループ会社>にお勤めでない方。
また昨年の給与所得の源泉徴収票(コピー)をご提出いただけなかった方
・<公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師>として現在お勤めではない方
・勤続年数が3年未満の方
・勤務先の名刺のご提出、もしくは健康保険証のコピーをご提出いただけない場合
・申し込みフォームに必要情報を全てご記入いただけなかった方
(不備・不正・虚偽・いたずらなどがあった場合は、対象外となります)
・1時間以上の面談にならない場合
・面談時にポイントに関する質問や発言などがあった場合
・携帯を弄ったり、雑誌を読むなど、本気で面談をしたいと感じられない場合
・その他、ポイント目当てと判断された場合

ちょびリッチ

次に最高ポイントのちょびリッチです。

モッピーリフレクト

獲得ポイント:110,000ポイント(55,000円相当)

ポイント対象
・不動産投資に関する面談完了(本人確認必須)

・ご本人様、もしくは配偶者様が下記条件を全て満たされている方
※ご本人様以外、配偶者様の申込みの場合、配偶者様同席での面談が必須となります。
(例:奥様がお申込みの場合⇒旦那様同席で面談)
——————–
①過去に株式会社 REFLECT PROPERTYと面談をしたことがない方
②昨年の個人年収が500万円以上の方
③<上場企業、それに準じる企業(=資本金1億円以上)、またはそのグループ会社>にお勤めの方で、昨年の給与所得の源泉徴収票(コピー)をご提出いただけた方、もしくは<公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師>として現在お勤めの方
④勤続年数が3年以上の方
⑤勤務先の名刺のご提出いただけた方(名刺がない場合は、健康保険証のコピーをご提出ください)
⑥申込みフォームに必要情報を全てご記入いただけた方
——————–

ポイント対象外
・上記ポイント対象を満たさない方
・入力に不備・不正・虚偽・いたずらなどがあった場合
・面談をせずお電話のみの方
・1時間以上の面談にならない場合
・面談時に面談者様がポイントに関する質問や発言がある場合
・携帯を弄る、雑誌を読むなど、本気で面談をしたいと感じられない場合
・配偶者が面談で同席しない場合
(例:奥様が申込みをされた場合⇒面談時に旦那様が同席しないとポイント対象外)

【注意事項】
※時期、タイミング、お住まいの地域により面談が出来かねる場合がございます。

年収条件や職業が限定されている点など、概ね同じ条件となっていますが、ちょびリッチの場合は配偶者の同席が必要となる場合があるようですね。
また、面談時にポイントに関する質問や発言などがあった場合はポイント却下とありますし、面談時間も1時間は必要など、実際に面接する場合は気を付けるべきことが多いな~、という印象です。

まとめ

高額ポイントがゲットできる不動産投資案件を2日連続で紹介させていただきました。これらの案件、なぜかポイント獲得するための年収や職業に対する条件が同じなんですよね。書きぶりも似ている・・・偶然なんですかね?

案件を比較して見てみるとおそらく会社が違うので、1度面談をやってしまえば、2度目もやってしまえということで、勢いで2社ともやってしまえば、合計100,000円分相当以上のポイントが獲得可能です。

正直、ハピタスセレクションで54,000ポイントを見た時はかなり揺さぶられました。友達紹介ポイントで25%還元があれば、合計67,500ポイントが獲得可能。。。
あと一日悩むことができますが、なかなか踏ん切りがつきません(苦笑)

管理人は根性なしなので、おそらく申し込んでいないと思いますが、不動産投資にかなり興味あるよという方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする