スポンサーリンク

【エアアジア】大阪(関西)~ホノルル線を増便し毎日運航へ。ホノルル便が期間限定でセール中!!半期に一度の「BIGセール」も開催中!!

LCC(格安航空会社)の一つであるエアアジアで関空~ホノルル便がセールを開催中です。
予約期間はすでに始まっており5月21日から5月27日(日)まで、搭乗期間は2018年8月16日(木)から2019年8月13日(火)までとなっています。

2019年の夏休みも対象期間になっていましたのでフライトの検索をしたところ、7月後半の日程で料金は大人2人、子供2人で96,040円!!!安い!!
LCCは利用したことはありませんが、あまりの安さに仕事の予定も深く考えず、ホノルル便を予約してしまいました。夏休み期間中なので、きっと休めるはず。。。

今回は、エアアジアのセール情報とホノルル便のスケジュール等と合わせて、記事作成時点での格安日程について、紹介したいと思います。

エアアジアX、大阪(関西)―ホノルル線を増便し毎日運航

エアアジア・グループで、中・長距離を運航する「エアアジアX」は、現在、週4便で運航している 大阪(関西)―ホノルル線を週7便に増便させることを決定し、航空券の販売を開始しています。

この路線は、エアアジア・グループ初のアメリカ路線として、2017年6月に運航を開始しており、今回の増便を記念して、片道12,900円(座席数限定/税込、別途手数料が必要になる場合があります。)の特別運賃で予約可能となっています。

運行スケジュールは、以下の通りですが、関空の出発時間がもう少し早いということなしですが、ホノルル出発も16時ということで、最終日の午前中も楽しめるスケジュールとなっていますね。
エアアジアスケジュール

関空~ホノルル便セール詳細

セール期間と搭乗対象期間は、以下の通りとなっています。販売期間がこの日曜日までとなっていますので、一度フライトの検索をしてみてはいかがでしょうか。

  • 販売期間:今すぐ~2018年5月27日(日)
  • 搭乗対象期間: 2018年8月16日~2019年8月13日

LCCは日々刻々と席の残数等により料金が変わるため、以下の紹介した料金で予約できるかどうかわかりませんが、たまたま見つけて比較的安いと思われる日程をお知らせしておきます。(5/25 12時時点)

○ 2018年8月19日(日)~2018年8月23日(木):4泊6日

【往路】大人:14,900円、子供:14,900円
【復路】大人:11,100円、子供:11,100円

上記は一人当たりの金額となりますので、夫婦子供二人の家族の場合は、

【往路】大人:14,900円×2、子供:14,900円×2
【復路】大人:11,100円×2、子供:11,100円×2これを合計して、家族4人で往復104,040円となります。今年の夏休みにいかがでしょうか。

実は、この日程、昨日まではもっと安く予約することができました。その価格で予約できた人はラッキーですね。

とはいうものの、同じ日程でスカイスキャナーで調べたところ、仮にJALを利用した場合は、570,733円(こんなに高いの?!)と出ていましたので、十分安いと言えるのではないでしょうか。

○ 2019年7月22日(月)~2019年7月26日(金):4泊6日

【往路】大人:14,900円、子供:14,900円
【復路】大人:9,110円、子供:9,110円

上記は一人当たりの金額となりますので、夫婦子供二人の家族の場合は、

【往路】大人:14,900円×2、子供:14,900円×2
【復路】大人:9,110円×2、子供:9,110円×2

これを合計して、家族4人で往復96,040円となります。お分かりかと思いますが、私が予約したのもこの料金です。日程も近いです。

もう1泊したいという方も次の日程でいかがでしょうか。

○ 2019年7月22日(月)~2019年7月27日(土):5泊7日

【往路】大人:14,900円、子供:14,900円
【復路】大人:9,110円、子供:9,110円

上記は一人当たりの金額となりますので、夫婦子供二人の家族の場合は、
【往路】大人:14,900円×2、子供:14,900円×2
【復路】大人:9,110円×2、子供:9,110円×2

これを合計して、家族4人で往復96,040円となります。

追加料金について

エアアジアでは、以下の条件を満たす荷物であれば、無料で機内に持ち込みが可能です。最大2つの機内持ち込み手荷物の合計重量は7kgまでとなっています。

幼児(2歳未満)を除く全てのお客様は、次のいずれか2つまで機内に持ち込み可能。

キャビンバック1個:

  • 各辺の長さが56㎝(高さ) x 36㎝(長さ) x 23㎝(奥行)以内のものに限る。
  • 座席上の共用収納棚に収納ができるものに限る。

PC用バッグ1個、ハンドバッグ1個、小さなバッグ1個:

  • 各辺の長さが40㎝(高さ) x 30㎝(長さ) x 10㎝(奥行)以内のものに限る。
  • 前の座席の下に収納ができるものに限る。

また、追加のサービスには以下の料金が必要となります。(片道あたりの料金)

出発地 大阪・関西 まで ホノルル 料金
受託手荷物 (最初の予約中)
受託手荷物1つ(20 kg) JPY 3500
受託手荷物2つ(20 kg) JPY 6300
受託手荷物(最初の予約後)
受託手荷物1つ(20 kg) JPY 4000
受託手荷物2つ(20 kg) JPY 7600
受託手荷物(空港カウンター)
空港のチェックインカウンターでお預けいただく受託手荷物1つ(20 kg) JPY 12300
スポーツ用品(事前予約)
国際線(最高20キロ) JPY 4000
国際線(最高25キロ) JPY 5000
国際線 (最高30キロ) JPY 6300
国際線(最高40キロ) JPY 8000
スポーツ用品(空港カウンター)
国際線(最高15キロ) JPY 12300
その他の受託手荷物
紛失手荷物の賠償保険(1キロ当たり) USD 20
超過手荷物1つ(20 kg) JPY 18600
ゲート手荷物受託手荷物(1点当たり) JPY 25000
座席指定 (最初の予約中)
標準座席(35 DFG / 36 ~ 43 / 44 ~ 51 DFG列)* JPY 1749
標準座席(24~35列)* JPY 1799
標準座席(16 HJK / 17 DFGHJK / 18 ~ 24列)* JPY 1849
ツインシート(44 ~ 51 ACHK列)* JPY 1899
クワイエットゾーン標準座席(8~14列)* JPY 2999
ホットシート(34 DFG / 35 ABCHJK列)* JPY 5899
ホットシート(15 HJK / 16 DFG / 17 ABC列)* JPY 6399
クワイエットゾーンホットシート(7列)* JPY 6899
座席指定(最初の予約後)
標準座席(35 DFG / 36 ~ 43 / 44 ~ 51 DFG列)* JPY 1929
標準座席(24~35列)* JPY 1979
標準座席(16 HJK / 17 DFGHJK / 18 ~ 24列)* JPY 2029
ツインシート(44 ~ 51 ACHK列)* JPY 2089
クワイエットゾーン標準座席(8~14列)* JPY 3299
ホットシート(34 DFG / 35 ABCHJK列)* JPY 6489
ホットシート(15 HJK / 16 DFG / 17 ABC列)* JPY 7039
クワイエットゾーンホットシート(7列)* JPY 7589
座席指定 (空港カウンター)
標準座席(35 DFG / 36 ~ 43 / 44 ~ 51 DFG列)* JPY 2200
標準座席(16 HJK / 17 DFGHJK / 18 ~ 24列)* JPY 2200
ツインシート(44 ~ 51 ACHK列)* JPY 2200
標準座席(24~35列)* JPY 2200
クワイエットゾーン標準座席(8~14列)* JPY 3500
ホットシート(34 DFG / 35 ABCHJK列)* JPY 7000
ホットシート(15 HJK / 16 DFG / 17 ABC列)* JPY 7400
クワイエットゾーンホットシート(7列)* JPY 8000
シティバンク フラットベッド アップグレード JPY 14000
エアポート フラットベッド アップグレード* JPY 39000
取り扱い手数料
米国動植物検疫局(APHIS)料 JPY 460
米国税関通過料 JPY 640
航空会社費用 JPY 800
米国入出国審査料 JPY 800
払い戻し(1区間お客様1人あたり) JPY 800
予約サービス料(ゲスト1人あたりの予約) JPY 1000
到着税 JPY 2150
その他の料金
外国の方空港税 JPY 3040
幼児(1幼児・1区間ごと) JPY 4000
国際線フライトの変更(1名様・1区間ごと) JPY 4000
国際線取り消し(1名様・1区間ごと) JPY 8250

公式ページから一覧表を引っ張ってきましたが、最初の予約時、予約後、空港カウンターで料金が変わるのはなんともいえないですね(苦笑)

この中で少なくとも受託手荷物 (20kg)の追加は必要でしょう。ということで、片道3,500円×2で7,000円は、先ほど紹介した料金に加算が必要です。

その他座席指定など、細かく料金が異なり加算されていく点は、LCCならではということになるんでしょうね。必要に応じて、追加サービスを申し込むことになります。

予約の変更・キャンセルについて

1年も先の日程ですから、予定の変更などで日程の変更やキャンセルが必要になってしまう可能性は十分にあります。
しかしながら、一般的にLCCでは予定の変更や払い戻しが不可能なことが多いようで、私もですが、エアアジアを初めて利用しようとする方は、どのように対応すればいいか、不安になるかと思います。

実際のところ、やはりエアアジアではどの運賃タイプでも払い戻しは不可能です。予定の変更も高い手数料が必要となっています。

ということで、原則一度予約してしまうと、無事に予定通り行けることを願うのみとなります。全然、安心できませんし、不安を煽るだけになっていますね(笑)

キャンセルと変更について、公式ページの記載ぶりを確認しておきます。

予定のキャンセル

予定のキャンセルについて、公式ページの記載は、以下の通りです。

ご予約の払い戻し

エアアジアでは全ての運賃タイプにおいて払い戻しを承っておりません。 弊社が払い戻しを認めたご予約につきましては弊社お客様フォーム(https://support.airasia.com)より、ご予約詳細などを記入いただきご依頼ください。

エアアジアでは、航空券の料金の払い戻しはいっさいありません。
やむを得ず旅行をキャンセルしなければならない場合は、利用しなかった空港税の払い戻しを受けることになりますが、最終的に返金される金額は、支払い済みの空港税から各種手数料を差し引いたものになります。これらの手数料が空港税より高い場合は、1円も返金されないことになります。

つまり、エアアジアでは基本的に返金は不可能、戻ってきても少額だと考えておくのがベターです。

予約の変更

ご予約の変更/払い戻し

エアアジアでは、フライトのご予約済みのお客様は、会員登録いただくことで出発時間の48時間前まで(運賃タイプによっては2時間前まで)出発予定日時のご変更が可能です。変更に際し、変更手数料、運賃差額をお支払いいただく場合がございます。(変更手数料につきましてはhttps://www.airasia.com/jp/ja/our-fares/fees-and-charges.pageをご確認ください) また、受託荷物、機内食、座席などご希望のサービスをご予約後に追加いただくこともできます。

LCCでは安い運賃タイプでは予定の変更ができないことが多いです。しかし、エアアジアでは、どの運賃タイプでも予約の変更が一応可能です。

ただし、変更可能なのはあくまで「日時の変更」のみとなります。日時以外の変更はいっさい出来ないので注意が必要です。
また、どの運賃タイプでも差額の支払いが必要となり、変更後の運賃が安くなる場合でも、差額の返金は受けられません。

必要な手数料や変更できる条件は、以下のように運賃タイプによって違いがあります。

  1. 割安運賃とバリューパックでは有料
  2. プレミアムフレックス(1.より高い料金)では2回まで無料
  3. プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス)は何度でも無料

以上が予約変更の概要となります。「割安運賃」と「バリューパック」は運賃が非常に安いですが、予定の変更に高い手数料が必要となっています。

エアアジアBIGセール

また、同時にエアアジアBIGセールも行われています。「BIGセール」は、エアアジアグループが総力を挙げて開催する全路線を対象にしたセールです。開催は四半期ごとに1回で、2018年3月に続き本年2度目の開催となります。

搭乗対象期間は2018年11月1日から2019年8月13日まで、販売期間は一般販売の販売開始が5月21日深夜1時から、エアアジアBIGメンバーは24時間先行開催で5月20日深夜1時からとなっています。

なお、BIGセールの予約は、エアアジアの公式Webサイトまたは公式モバイルアプリから利用できます。

旅行先はハワイじゃなくてもよいという方は、こちらも確認してみてはいかがでしょうか。

エアアジア BIGセール詳細

【販売期間】
エアアジアBIGメンバー:5月20日(日)深夜1時から5月27日(日)まで
一般販売:5月21日(月)深夜1時から5月27日(日)まで

【搭乗対象期間】
予約期間:今すぐ~2018年5月27日
搭乗期間:2018年11月1日~2019年8月13日

【対象路線】
・エアアジア全路線
・日本発着国際線

【料金一例(空港施設使用料込)】
大阪(関西)-ドンムアン 片道10,900円~
大阪(関西)-クアラルンプール 片道9,900円~
大阪(関西)-ホノルル 片道12,900円~
東京(成田)-ドンムアン 片道9,900円~
東京(成田)-バリ 片道10,900円~
東京(羽田)-クアラルンプール 片道10,900円~
札幌(新千歳)-クアラルンプール 片道9,900円~
札幌(新千歳)-ドンムアン 片道12,900円~
札幌(新千歳)-名古屋(中部) 片道3,480~

※キャンペーン対象となる座席数には限りがあります。
※決済完了後の払い戻しは一切認められません 。
※適用対象除外日があり、別途手数料などが必要な場合があります。

まとめ

関空からのホノルル便はスクートも就航しており、LCCの料金は安いとは聞いてましたが、ここまで安いとは思ってもいませんでした。ANAマイルで特典航空券を仮に予約できたとしても、税金等で一人当たり2万円程度かかることを思えば、10万円がいかに安いかお分かりいただけるかと思います。

もちろん機内サービスも違いますし、座席のスペースも違うので、一概に比較できないのは重々承知していますので、どちらがいいというものでもないとは思っています。

この辺りは、来年になりますがLCCを利用した感想をレポートしたいと思います。我慢できる範囲だといいな~。

紹介した料金で予約できるかどうかはわかりませんが、LCCに抵抗がない方は、一度検索してみてはいかがでしょうか。キャンセルはできませんが、ハワイに安くいけるかもしれませんよ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする