スポンサーリンク

【発行する?】アメックスゴールドカードのメリット・デメリット

アメックスゴールド

昨日まで3回にわたってアメックスカードの発行やポイント制度について触れていたところです。ところで、アメックスカードって、年会費がやたらと高いけど、高い年会費に見合ってるの?と思っていませんか。管理人もまだ発行前ですので、しっかりメリットとデメリットをおさらいしておきたいと思います。

アメックスゴールドとは

とにかくステータスが高くて、一般庶民は持てないイメージがありますよね。自分にあまり関係ないもの(笑)

やはり、世間的な評価でもクレジットカード特集でステータスを感じるブランド1位に選ばれたりしており、アメリカン・エキスプレスは日本におけるステータスカードの先駆け的な存在ですね。日本で初めてゴールドカードを発行したのもアメリカン・エキスプレスです。

アメックスゴールドの特典とは

アメックスカードの特典は、旅行関係が非常に充実しています。国内外の旅行について、旅行の手配から旅先の安心までサポートが非常に手厚くなっています。

空港ラウンジ

関空ラウンジ
お手持ちのアメックスのカードと利用当日の搭乗券の呈示で、国内外30ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用することができます

家族で旅行する場合にも便利です。アメックスゴールドは家族会員の年会費は1名無料なので、1名分の年会費で2枚カードが持てます。

2枚のカードそれぞれ同伴者が1名無料なので、夫婦で持つと4人家族全員で空港ラウンジを無料で利用できるので、出発までのひと時を過ごしましょう。

空港ラウンジ

プライオリティ・パス

国内外1,000ケ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、カード会員と家族カード会員は年会費無料(通常99米ドル)で登録できます。さらに、1回27米ドルの利用料が年間2回まで無料です。

ということで、プライオリティーパスの利用予定があれば、「年会費99ドル+利用料54ドル(2回分)」を110円換算すると、大体17,000円分の特典となります。

このサービスの利用は、事前に「プライオリティ・パス・メンバーシップ」への登録が必要ですので、お気を付けください。

来年の夏にグアムのサガンビスタラウンジを利用予定ですので、また報告させて頂きますね。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際、出発時に自宅から空港まで、帰国時に空港から自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。帰りだけでも十分助かるのですが、往復のサービスですので、非常に助かります。

今年、夏の旅行の帰国時に娘が寝てしまったため、片手で抱っこしながら、もう片手でスーツケースを押すというひどい事態に見舞われましたので、今度から解放されます(笑)

利用な可能な空港は、羽田空港(国際線)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港となっています。

詳細はHPで確認していただきたいのですが、利用方法は出発の7日前までにウェブサイトまたは電話にて予約となっており、予約後、宅配業者が自宅までスーツケースを集荷にきます。あとは、出発日当日に、ご予約の空港お引き取りカウンターにて、受取りという流れになります。
帰国時は、申し込みカウンターにて、カードと搭乗券を呈示のうえ、「手荷物無料宅配サービス」利用の旨を直接申し出ればOKです。

空港パーキング

空港からのアクセスが良好な場所にて、旅行中のお車を安全に預けることができます。カード会員専用の割引・優待特典(通常駐車料金より20%オフ等)があります
こちらは、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港が対象となっています。

子どもが小さいうちは、空港まで自家用車で行くのも1つの方法ですよね。いつ寝ても大丈夫。車で空港までいけば、往復とも子供を抱きながら、スーツケースを引っ張る必要はありません(笑)

その他にもエアポート送迎サービスや無料ポーターサービスやエアポート・ミール(国内線)などがあります。

また、旅先でのサービスとして、24時間日本語対応サービスがあります。
レストランの予約をはじめ、医療機関の紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料またはコレクトコールで連絡できます。気軽に日本語で電話してみましょう。
英語ができない管理人に大いなる安心を与えてくれます。

旅行傷害保険・航空便遅延費用補償

旅行傷害保険について、国内旅行は利用付帯ですが、海外旅行は自動付帯で保険が付いてきます。ただし、カード決済した場合としていない場合では補償内容が異なります。

○ 国内外の旅行傷害保険(利用付帯)
海外旅行・国内旅行の際、航空券やパッケージ・ツアーなどをカードで支払うと、旅行傷害保険が付帯されます。
カード会員本人はもちろん、配偶者や生計を共にする親族の方まで、傷害死亡・後遺障害保険金などの補償が適用されます。補償内容や条件につきましては、下表(青枠)をご参照ください。

○ 海外旅行傷害保険(自動付帯)
旅行代金をアメックス・ゴールドで決済しなかった場合、国内旅行では付帯保険はありません。
しかしながら、自動付帯分があります。海外旅行の場合の補償は下表(赤枠)のとおりです。自動付帯の場合、家族カード会員の場合も会員の家族の補償となります。

アメックス旅行保険

補償内容は充実しているとは思いますが、傷害治療費用や疾病治療費用については保証金額が不足しているかなと思いますので、管理人は保険金額を追加すると思います。

○ 航空便遅延費用補償(海外旅行)
基本カード会員本人が海外にご旅行の際、航空便の遅延により臨時に出費したご宿泊料金やお食事代を補償してくれます。また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償してくれます。

「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」や「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」で、航空券の予約や、ご宿泊、渡航先のレンタカーなど、オンラインでいつでも気軽に旅の予約や手配をできるサービスもあります。

以上、旅行関係の代表的なものを説明させていただきました。

ゴールド・ダイニング by 招待日和

旅行関係は終了しまして、個人的に1番利用してみたいサービスがこれです。
サービスの内容は、国内外約200店のレストランにて、所定のコースメニューを2名様以上で予約すると1名分が無料となります。夫婦で使うのにもってこいです。
対象の店舗はいずれも一流店であり、ミシュランで星を取っているレストランも入っているようです。以下はホームページからの抜粋です。

【特典内容】
掲載レストランの所定コースメニュー*を2名様以上でご利用いただくと、1名様分のコース料理代が無料

1店舗につき半年に1回(A・B期間それぞれ1回)ご利用いただけます。下記利用期間をご確認ください。
A期間…4月1日から9月30日まで1回
B期間…10月1日から翌年3月31日まで1回

※アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの基本カード会員様のみご登録、ご利用可能です。その他のカードや家族カード会員様はご利用いただけません。
※ご利用日の3営業日前(海外店舗は7営業日前)までにウェブサイトでご予約いただく必要がございます。お電話ではご予約できません。
*ご利用時のコースメニューは決まっており、他のコースはお選びいただけません。所定コースにはお飲み物は含まれておりません。

レストランを確認して紹介したかったのですが、会員しか見れませんでしたの、カード作成後に改めて紹介したいと思います。

アメックスを所有するデメリットは?

アメックス1番のデメリットをあげるなら、やはり年会費の高さということになりますね。
アメックスゴールドの年会費は29,000円(税別)。悩みますよね~

あとは、ポイント対象外・半減の加盟店があることです。
税金や国民健康保険料、一部の電気ガス水道料金の支払については、ポイントが「200円=1ポイント」に半減してしまいます。

また、NHK、電子マネー(楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA)のチャージは、ポイントも対象外となっています。

まとめ

アメックスは特典豊富なカードであることは間違いなさそうです。年会費分のサービスは、「ゴールド・ダイニング by 招待日和」や「プライオリティ・パス」を利用することで、うけることができると思います。そのほか旅行の時にはかなりの効果を発揮してくれそうなサービスが豊富にあります。

アメックスゴールドを持つか持たないか悩むのであれば、初年度年会費無料のキャンペーンを利用して体験するのが一番ではないでしょうか。
自分に合うか合わないかは、一度使ってみるのが一番です!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする