スポンサーリンク

アメックスゴールドとグリーンカードを徹底比較!どっちがおすすめ?

先日申し込んだアメックスグリーンが無事に届きました。噂には聞いていましたが、審査から手元に届くまで1週間もかかりませんでした。本人限定受取郵便で届きますので、受け取る時に若干面倒ですけど。

今後、発行を予定しているアメックスゴールドとグリーンを比較して、違いは何なのか、特徴をしっかりつかんでおきたいと思います。

アメックスカードの種類とそれぞれの特徴

ステータス性の高いクレジットカードと言えば、「アメリカン・エキスプレス」(通称「アメックス」)をイメージする人が多いのではないでしょうか。アメックスは、世界中で高い人気と信頼を誇るクレジットカードです。

最近ではアメックスの審査基準も大分優しくなってきており、いわゆる「アメックス・ホルダー」も若い世代の方々を中心に非常に多くなってきています。

まず、それぞれのカードの位置づけですが、アメックスグリーンはアメリカン・エキスプレス・カードのいわゆる一般カードで、アメックスゴールドはその一つ上のランクのカードにあたります。

アメックスグリーンは一般カードにもかかわらず、他のよくある一般カードとは違っており、他のクレジットカードのゴールドクラスと同等のサービスを受けられるのが特徴となっています。

さらにアメックスの数々の特典もついていますので、コスパが非常にいいカードと言えるのではないでしょうか。ゴールドカードに特にこだわっていないという人なら、このアメックスグリーンはとても有用なカードです。

また、アメックスゴールドは海外旅行に特化したサービスが多いので、海外にあまり行く機会がない人はグリーンの方がお得に使えます。

逆に、海外に良く行く人や、ゴールドカードを持ちたいという人は、年会費さえ許せば、アメックスゴールドの特典を十分に享受できます

そのほか、グリーンやゴールド以外にも、2種類(法人カードは除く)のカードがあります。
・アメリカン・エキスプレス・プラチナカード(通称 アメックスプラチナ)
・アメリカン・エキスプレス・ブラック(センチュリオン)カード(通称 ブラックカード)

これらのカードは年会費とともにステータスや優待特典もさらにランクアップしたものになっていきます。

しかしながら、アメックスプラチナとアメックスブラックについては「インビテーションカード」といって、アメックスのカード発行会社から「もう1ランク上のカードの会員になりませんか?」といった招待が無いと入会することが出来ません。 選ばれしもののみが所有できるカードです。

それでは、アメックスグリーンとアメックスゴールドのそれぞれの特徴を比較していきましょう。

アメックスグリーンとアメックスゴールドの違いを比較

ポイント・マイルの還元率

結論から言うと、ポイントプログラム(100円=1ポイント)はまったく同じです。
グリーン、ゴールド共に、「メンバーシップ・リワード」という同様のポイントプログラムになっています。

年会費3,000円+税で「メンバーシップ・リワードプラス」にアップできますが、こちらの内容も同じです。

アメックスグリーンとアメックスゴールドは、同じポイントプログラムですので、ポイント還元率やマイル還元率に違いは全くないということになります。

では、どこに違いがあるのかというと、大きくは「年会費」、「旅行付帯保険」、「旅行関係特典」、「エンターテイメント関係特典」の4つにあります。

年会費

アメックス年会費比較

アメックスゴールドが31,320円(税込)なのに対し、グリーンは12,960円と半額以下です。とはいえ、一般的なカードのゴールドカードのクラスですね。これまで無料または低価格年会費のクレジットカードを利用されていた方からすると、やや身構えてしまう金額かもしれません。

それぞれのカードの年会費の差は18,000円。この18,000円を払ってでもゴールドにする価値があるのか、これがどちらかを選ぶポイントになります。

また、家族カードの年会費にも違いがあります。ゴールドの1枚目は無料で作れますが、グリーンは6,480円(税込)が必要です。

例えば夫婦で持つとすると、ゴールドなら2人で31,320円、グリーンなら2人で19,440円。大体12,000円の差となります。

ちなみに、ETCカードはアメックスグリーン、アメックスゴールド共に初年度年会費無料(通常540円)で2年目以降も1回以上の利用で無料になります。新規発行手数料は1枚につき850円+消費税がかかります。

海外旅行付帯保険

付帯保険

ゴールドとグリーンで大きく違ってくるのが海外旅行の付帯保険です。金額が違うのはもちろんのこと、ゴールドは自動付帯でも補償がありますが、グリーンは利用付帯で初めて補償されます。

ちなみに利用付帯というのは、ツアー料金などの旅行費用をアメックスカードで払った場合にのみ適用されます。自動付帯というのは、アメックスカードを利用しなくても補償されますよ、という条件のことです。

ゴールドの場合、利用付帯と自動付帯で金額は違ってくるものの、自動付帯で保証されるので、海外旅行に良く行く人の場合、ゴールドがやはりお得感がありますね。

一方、国内旅行保険はどうかというと、実は国内の場合はどちらも違いはありません。
ゴールドも利用付帯が条件になり、金額も同じです。

日本国内しか行かないという人なら、旅行付帯保険についてはグリーンで十分ということになります。

旅行関係特典

旅行特典

上記表から、旅行関係特典におけるアメックスグリーンとアメックスゴールドの違いは、4つですね。
プライオリティ・パスの無料枠の有無
• 海外旅行先での日本語サポート
• プリファード・ゴルフの優待特典の有無
• ツアー旅行・宿泊優待の適用範囲

そのうち、プライオリティ・パスは、アメックスゴールドなら、年に2回無料で使えるので、海外旅行に行く時に嬉しい特典です。特典がなければ、1回27$払ってラウンジを使うかは微妙なところですよね。

また、オーバーシーズ・アシストとは、海外旅行先で日本語のサポートのことです。レストラン予約や医療機関の手配など、様々なことに対応してくれます。さらに緊急時の支援サービスも受け付けており、万一の時にも安心のサポート体制を用意してくれています。
アメックスグリーンにもグローバル・ホットラインという同様のサービスがありますが、こちらは緊急時の対応がありません。

使わないにこしたことはないですが、海外旅行に良く行く方なら、緊急時に手配までしてくれる緊急支援サービスはあると安心できますね。

エンターテイメント関係の特典

エンタメ特典

この中で特に魅力的なのは、指定の高級レストランに2名以上で行くと1名無料となるサービスである「ゴールドダイニング by 招待日和」ではないでしょうか。
1人1万円以上するコース料理が1名無料になるということで、アメックスゴールド利用者では例年人気のサービスとなっています。
これはグリーンカードにはない特典となっていますので、大きな差になるのではないでしょうか。

さて、ここまでアメックスグリーンとアメックスゴールドの比較を見てきましたが 、
ポイントやマイルの恩恵、ステータスやカードデザインで言うと両者は大きな差異は見られません。

年会費などの運用コストのリーズナブルさで言うと「アメックスグリーン」、海外での特典・サポートの充実性やエンターテイメント系の優待サービスの充実性を重視するとしたら「アメックスゴールド」のほうに軍配が上がります。

では、それぞれのカードに合っているのはどんなタイプ・人なのかをまとめてみましょう。

アメックスゴールドとグリーンはこんな人におすすめ

アメックスグリーンはこんな人におすすめ

アメックスゴールドには以下のようなメリットをあげることができます。
・年会費がリーズナブル
・ステータス性
・利用付帯ですがゴールドカード級の付帯保険、旅行特典、エンターテイメント特典

このようなメリットから、このような方にお勧めできます。

・海外旅行にほとんど行かないよ
・クレジットカードのステータス性もある程度ほしい
・年会費は安く、かつ特典や保障はしっかりしているクレジットカードがほしい

アメックスゴールドはこんな人におすすめ

アメックスゴールドには以下のようなメリットをあげることができます。
・抜群のステータス性
・ゴールドカードの中でも最上級の付帯特典、海外旅行時の手厚いサポート
・エンターテイメント特典もグルメから観光まで幅広く国内外ともに充実

このようなメリットから、このような方にお勧めできます。
・年2回以上海外旅行や海外出張に行く
・海外に行く時は万全の保障・サポート体制で臨みたい
・高級ディナーやイベントなどをよく利用する

まとめ

どちらのカードも高水準の保障・特典・ステータス性を十分すぎるほど備えていますので、迷うのは当然ですよね。

となると、「どちらのカードが良いか」という見方ではなくて、「あなたに合うのはどちらのカードか」という見方で、カード選びをしたほうが、より納得感の持てる選択が出来るのではないでしょうか。

特に、海外旅行にはあまり行かないよ!という方なら、コスパに優れているアメックスグリーンがおすすめです。

旅行好きなら、緊急時のサポートがしっかりしているので、迷わずアメックスゴールドを三択する方がよいのではないでしょうか。

なお、アメックスグリーン・ゴールドともに、高額な年会費が初年度無料となるお得なキャンペーンが開催中ですので、申し込みを検討中の方は、キャンペーンをご確認ください。

昨日はホテル代を節約するためにSPGカードが必要。SPGカードの効果的な申し込方法として、自己紹介での申し込みが一番有効、と紹介させていただ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする