スポンサーリンク

2018年夏!!家族旅行inハワイ~プライオリティ・パス編~

プライオリティパス券面
個別の記事編第1弾は「プライオリティ・パス」についてです。
そもそもプライオリティ・パスとはなに?というところから、見て行きます。

プライオリティ・パスは通常年会費がかかりますが、年会費を無料にする方法も紹介させていただきます。要件を満たしている場合は、通常入会をすると損をしてしまいますので、お気を付けください。

また、記事の最後にプライオリティ・パスで利用可能な関西空港のぼてぢゅうについて、同伴かのうな子どもの年齢についても記載しています。

プライオリティ・パスとは?

プライオリティ・パスは、世界中の空港ラウンジが無料または割引になるお得な会員制度です。プライオリティ・パスが運営する空港ラウンジに行き、このカードと航空券を提示すれば利用できる仕組みになっています。

プライオリティ・パスは、ご利用の航空会社やご搭乗クラスにかかわらず、世界各国あらゆる場所で空港ラウンジを利用できる世界最大級の空港ラウンジ・アクセス・プログラムです。LCC利用でももちろん大丈夫です。

旅行や出張の頻度にかかわらず、世界130か国500都市に及ぶ1200 か所以上の空港ラウンジネットワークが旅の始まりをいつもサポートしてくれます。

プライオリティ・パスの年会費

プライオリティパス年会費
そんなプライオリティ・パスですが、残念ながら無料で利用できるサービスではありません。いくつかのプランが用意されており、それぞれ年会費や利用料が異なります。

実際にプライオリティ・パスを取得した場合の年会費や利用料金は以下の通りとなります。

会員ランク

スタンダード会員の詳細

プライオリティ・パスで、最も年会費が安く基本的なプランとなっているのが、その名の通り「スタンダード会員」です。年会費は99ドル、1ドル=110円で換算すると約11,000円となります。別途、利用料として、ラウンジを利用する際には毎回27ドルの利用料がかかります。

私はスタンダード会員ですが、アメックスゴールドカードを持っているおかげで、年会費と年2回までのラウンジ利用は無料で利用することが可能なため、プライオリティ・パスを所有している次第です。

スタンダードプラス会員の詳細

続いて、「スタンダードプラス会員」ですが、「スタンダードプラス会員」と「スタンダード会員」との違いは、ラウンジの利用が10回まで無料で利用できる権利がついているかどうかです。

年会費は249ドル、日本円で約27,000円(1ドル=110円)となっており、スタンダード会員との年会費差は150ドルとなっています。

27ドルの利用料が10回まで無料で利用できますので、確実に年6回以上利用予定のある方(27ドル×6回=162ドル)は、スタンダード会員との差額分(150ドル)はペイできますので、スタンダードプラス会員の方がおおススメとなります。

プレステージ会員の詳細

プライオリティ・パスの3つの会員ランクで、最もランクが高く、年会費も高いプランが「プレステージ会員」となっています。

年会費は399ドル、日本円で約44,000円(1ドル=110円)と跳ね上がりますが、毎回の利用料が無料となります。

頻繁に利用する方向けの会員ランクだとは思いますが、そもそもラウンジの利用するために高額年会費を払おうと思う方は、航空会社の上級会員クラスの方でしょうから、航空会社ラウンジを無料で利用すれば、十分事足りそうですね。

同伴者料金は基本的に有料

スタンダード〜プレステージ会員まで3つのプランに共通して、基本的に同伴者は27ドルの利用料がかかります。しかしながら、年齢制限はあるものの、グアムのサガンビスタラウンジは11歳未満の同伴者は無料で利用可能ですので、利用としようとするラウンジを事前に調べておくことが重要かと思います。

プライオリティ・パスの入会方法

それでは、プライオリティ・パスへの入会方法を見ていきましょう。
プライオリティ・パスに入会する方法は、以下の2つのパターンが考えられます。

  • 通常入会
  • クレジットカードの特典として入会

つまり、年会費を払って正規に入会する方法と、クレジットカード会員保有者の特典としてプライオリティ・パスが付帯しているので、それを活用して入会するパターンです。

わざわざ年会費を払って申し込む方より、後者のクレジットカードの特典として入会して、利用されている方が圧倒的に多いのではないかと思います。
所有するクレジットカード次第で、プレステージ会員でさえも無料でなれますので、圧倒的にお得な入会方法となります。

プライオリティ・パスを無料で手に入れる方法

通常入会すると、最低でも年会費が約1万円かかるプライオリティ・パスを無料で手に入れる方法ですが、その方法はとても簡単で、プライオリティ・パスが付帯になっているクレジットカードを持つこと。ただ、これだけで実現可能です。もちろん、クレジットカードの年会費は別途必要となりますが。。。

例えば、私が所有しているアメリカンエキスプレス・ゴールドカードに入会するとプライオリティ・パスが付帯しており、利用回数制限こそあるものの、通常年会費がかかるところ「無料」にて、プライオリティ・パスを作成することができるようになります。

プライオリティ・パス付帯クレジットカードでおススメのカードは?

プライオリティ・パスが無料のクレジットカードは複数ありますが、その中でもおススメのカードを2枚紹介させていただきます。

年会費が最も安い楽天プレミアムカード

プライオリティ・パスが無料で付帯するクレジットカードで、最も年会費が安いのは「楽天プレミアムカード」です。このカードを所有していれば、プレステージ会員に無料でなることが可能です。

  • 年会費:10,800円(税込)
  • 常時1万ポイント以上の入会キャンペーンあり
  • 年会費399ドルのプライオリティ・パスが付帯

楽天プレミアムカードは楽天のカードの中で、ゴールドカードとして位置づけされているカードであり、年会費は10,800円(税込)となっています。

このカードの入会には、常時10,000ポイント以上の入会キャンペーンが実施しされているだけでなく、さらに通常年会費399ドルの「プレステージ会員権」が付帯してきますので、特に旅行好きの方なら簡単に年会費以上のメリットを手に入れることができる大変お得なカードです。

プライオリティ・パスのスタンダード会員にさえ通常入会すると、年間99ドル(=約11,000円)の年会費が必要ですので、カードの年会費の10,800円のみでプレステージ会員になることができる楽天プレミアムカードがいかにお得かが分かるかと思います。ということで、プライオリティ・パスに通常入会してしまうのは損ですよね。

そのほかにも、日々のお買い物で特典ポイントが通常の2倍になったり、楽天プレミアム年会費3,900円が無料になったりとたくさんのメリットが付帯しますので、プライオリティ・パスの利用を検討されている方は、一度入会を検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、一つ残念なのが、楽天プレミアムカードでのプライオリティ・パスの発行は、本会員しか発行できず、家族カードを作っても家族は無料では利用できません・・・
しかしながら、楽天プレミアムカードは専業主婦(主夫)でも発行ができるため、夫婦で発行すれば年会費20,000円(税別)が必要となりますが、無制限に利用することは可能です。

アメックスゴールドなら年2回まで空港ラウンジ利用料が無料

アメックスゴールド
アメックスゴールド」には、年2回まで空港ラウンジ利用料が無料になる特典が付帯しています。
そのため、アメックスゴールド所有者はプライオリティ・パスのスタンダード会員でありながら、年2回まで空港ラウンジを無料で利用することができます。

  • 年会費31,320円(税込)
  • スタンダード会員+年2回まで空港ラウンジ無料
  • 初年度年会費無料キャンペーンあり

なお、3回目以降の利用には、通常通り空港ラウンジ利用料27ドルが発生します。また、アメックスゴールドは、楽天プレミアムカードと異なり、家族カード(1枚目無料)でもプライオリティ・パスが発行可能です。

ただ、無料で利用できるのは年に2回ですが、私のように海外旅行は、年に1回の家族旅行のみであれば、年2回無料であれば十分かと思います。

日本の空港ラウンジなら、アメックスゴールド提示で無料になるラウンジを利用することができますし、本人だけではなく同伴者1名まで無料というメリットもあります。

とはいえ、アメックスゴールドはそもそも年会費が高いカードですので、発行に躊躇してしまいますよね。アメックスゴールドのメリット・デメリットについて、以下の記事でまとめていますので、よろしければご覧ください。

昨日まで3回にわたってアメックスカードの発行やポイント制度について触れていたところです。ところで、アメックスカードって、年会費がやた...

現在、初年度入会費無料キャンペーンも実施しているようですので、迷ったら試してみるとよいと思います。旅行好きなら、思っている以上にメリットがありますよ。

カード入手後、別途申し込み必要

プライオリティ・パスは、クレジットカードに入会をしたら自動で送られてくるわけではありません。アメックスにしろ楽天にしろ、別途プライオリティ・パスの申し込みをする必要があります。

楽天の場合、プライオリティ・パスの申し込みは楽天カードの管理画面「e-navi」からできますし、アメックスの場合もマイページにログインしたのちの申し込むことが可能となっています。申し込みについて、即日発行はできないので、時間に余裕をもって申し込みましょう。全部で2~3週間程度かかります。

郵便物
2~3週間もするとこんな感じの郵便物が届きますので、中からカード取り出して、サインをすれば準備万端となります。

プライオリティ・パスが使える国内の空港一覧

国内の空港でプライオリティ・パスが利用できるのは以下の4空港、全部で11か所のラウンジが利用可能となっています。

空港名 ラウンジ名
成田空港 KALビジネスクラスラウンジ
成田空港 IASSエグゼクティブラウンジ(第1・2ターミナル)
成田空港 T.E.Iラウンジ(第1・2ターミナル)
関西国際空港 KALビジネスクラスラウンジ
関西国際空港 ぼてぢゅう
中部国際空港 KALラウンジ
中部国際空港 スターアライアンスラウンジ
中部国際空港 グローバルラウンジ
福岡空港 KALラウンジ

現時点では、国際線も飛んでいる羽田空港には、残念ながらプライオリティ・パスで使えるラウンジがないことがわかります。。。

また、全ての空港で大韓航空のKALラウンジが利用出来るようになっていますが、自分が搭乗する飛行機が大韓航空ではなく、他の航空会社であったとしても、プライオリティ・パスを持っていれば利用可能です。

関西国際空港内のぼてぢゅう

今回の夏の旅行では夜出発でしたので、空港でご飯を食べてから・・・と思っていました。そういえば、プライオリティ・パスを使えば、関西空港内のぼてぢゅうでご飯食べれるのではと思って調べると、同伴の子どもの扱いがややこしい。ということで、まとめてみました。

そもそもいつから始まった?

このぼてぢゅうでプライオリティ・パスが使えるようになったのは、2018年2月頃からのようです。国内初のプライオリティ・パスで飲食できるということで、一部で注目をあつめていたようです。

そして、調べてみると、「プライオリティ・パスを使用すると関空のぼてぢゅうが無料」という事実が広まるに連れルールが改定(改悪?)されていき、当初と今ではかなり内容が違ってきている模様です。例えば、初期のころは持ち帰りにも利用できたようです。

また、同伴の子どもについてもいろいろと変更されているようですが、2018年8月時点での情報を記載しておきます。

公式サイトの記載ぶり

まずは公式サイトの記載ぶりを確認しておきましょう。

利用条件

1. カード保持者様はご自分のラウンジのご利用特典内容を使用して、ご請求額から3,400円(JPY)の割引を受けられます。3,400円(JPY)の割引1回分は、カード保持者の方がお持ちのラウンジのご利用可能回数内でのラウンジ訪問1回分に相当します。ご利用の条件によっては、指定の料金をカード保持者の方に請求いたします。例えば、カード保持者の方が同伴者1名を登録された場合、ご請求額からJPY6,800の割引を受けられます。これはアカウント上では、カード保持者様1名分のご利用 + 同伴者様1名分のご利用という内訳のご請求となります。受付では1度にカード保持者につき1枚のカードをご利用になれます。

追加情報

2. この3,400円(JPY)はあらゆるタイプのお食事やお飲み物にご利用いただけます。オファーをご利用いただくには、カード保持者の方に有効なカードと当日ご搭乗のフライトの搭乗券をご購入前にご提示いただく必要があります。3. このJPY3,400は譲渡できません。また、合計金額がJPY3,400を下回る場合でも、換金や返金はいたしかねます。4. 最終請求額が1名様あたり3,400円(JPY)を超える場合、残額はカード保持者様のご負担となります。残額をチップの支払いに充てることはできません。

長々と書いてありますが、プライオリティ・パスを利用するということは、すなわちラウンジを利用することです。ぼてぢゅうの場合は、通常のいわゆるラウンジを利用している感じがないですし、3,400円という金額があるため、1人分でもシェアすることで2人でも利用できるように思ってしまいます。しかしながら、あくまでラウンジとしての利用ですので、2人目以降は料金が発生します。ぼてぢゅうの場合は、追加1人につき3,400円となり、ラウンジと同じように何も注文しなくても3,400円が請求されることになります。
2人以上でぼてぢゅうに行く場合で、プライオリティ・パスを1人しか所有していない時は、通常通り個別メニューで注文して支払いの方が安いかもしれませんね。

同伴の子どもについて

私もそうですが、家族旅行で子供を同伴する場合はどうなるの?ということが一番気になりますよね。同伴の子どもについては、ぼてぢゅうの入り口に張り出されている案内には以下のように書いてあります。

ご本人様と同伴者様が本サービスをご利用頂く場合、専用デバイスにてご利用者様の合計人数を記録させていただきます。ただし、同伴者様が6歳未満の場合はプライオリティ・パス会員カードまたはラウンジ・キー機能付きクレジットカードをお持ちのお客様のご飲食分をシェアすることが可能です。その際は同伴者様の関空からの当日ご出発便のご搭乗券とパスポートをご提示ください。

現状では、6歳未満ならシェア可能となっていることがわかると思いますので、6歳未満のお子さんをお持ち方は、安心してシェアしてください。

いろいろ調べていると以前は赤ちゃんはカウントされないが、未就学児などの小さい子供だったとしても全て同伴者としてカウントされていたこともあったようですので、そこからすると大幅な改善かと思います。

我が家の場合

うちの家族の場合は、アメックスゴールドで発行したプライオリティ・パスが夫婦それぞれで発行していますので2枚ありました。
小学生と未就学児が一人づついますので、家族全員で行くのであれば、小学生の一人分の追加ということで、3,400円の支払いで、夫婦のプライオリティ・パス6800円分をあわせて、3,400円の支払いで、合計で10,200円分(3,400円×3)までの食事が無料となることがわかりました。

どちらにしろ空港内で食事をすれば、3,400円ぐらいは必要となるでしょうから、ぼてぢゅうの利用も考えたのですが、どう考えても10,200円分も食事をすることはないだろうし、ほかにもう少し有効にプライオリティ・パスを利用する機会があるのではないかと思い、今回の利用は見送りました。

結局、空港内のフードコートで食べたのですが、3,000円も行かなかったので、利用しなくてよかったです(笑)

一般的な例として、夫婦に6歳未満の子供がいる3人家族で、プライオリティ・パスが一枚しかない場合を考えると、3,400円の支払いで6,800円分まで食事が可能となりますので、アルコールなどのドリンク類まで注文するとちょうどいいぐらいかもしれません。

まとめ

入会すると、世界1,200か所の空港ラウンジを利用することができる「プライオリティ・パス」についてまとめてきました。

プライオリティ・パスは、通常入会すると年会費が高いので、プライオリティ・パスが付帯したクレジットカードに入会して入手するのがベストな方法となります。

年会費の安さと使い勝手の良さから「楽天プレミアムカード」も選んでもよいですし、年会費は高いですが、充実した海外旅行保険など旅行に行く上で様々な場面で役にたつ「アメックスゴールド」を選んでも後悔しないと思いますので、検討してみてはいかがでしょうか。

次回の記事は、プライオリティ・パスの続きで、今回利用しましたグアムのサガンビスタラウンジを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする