ドットマネー→メトロポイントの移行手順

前回の記事の続きですが、ドットマネーからメトロポイントへの移行手続きについてみていきたいと思います

この2つは、あくまでも各種ポイントをANAマイルに交換するための中継地点にすぎません。移行手順さえ覚えてしまえば、毎月の移行スケジュールを忘れないようにすることだけが、重要になってくるようです。

ギフトコートからドットマネーへの交換手続き

9月5日にドットマネーへの移行手続きを申請したところ、9月7日にポイント交換が完了したメールがハピタスのメールに届きました。

ギフトコード

ハピタスのHPの上部のメールのマークから確認できますので、クリック。

メッセージ

「ポイント交換完了」のメッセージを確認します。

ギフトコードメール

メッセージの詳細が開きますので、ドットマネーギフトコードを確認することができます。
ドットマネーギフトコードの使用方法は以下の通りです。

  1. 上記ギフトコード付登録URLをクリックし会員メニューにログインすると 登録サイト(下の画面です)が開き、ギフトコードが自動入力されます。
    ※ドットマネーギフトコードのご利用にはAmebaへの会員登録(無料)が必要です。
  2. 「確認画面へ」ボタンを押し手順に従って交換手続きをして下さい。
  3. 完了すると交換するとポイントが反映されています。

ギフトコードを挟むと直接ドットマネーへ交換するより面倒な気もしますが、ギフトコードを挟むことで、他人名義のギフトコードも集約することができますので、非常に便利です。
管理人もまだポイントが貯まっていませんので、今月は妻のポイントも一緒に交換しています。

ドットマネーからメトロポイントへの移行手順

それでは次にドットマネーからメトロポイントへの移行手順を見てみましょう。まずはトップページでログインしてください。

ドットマネートップ

右上の「マネーをつかう」をクリックします。
ずらっと交換先が並んでいますが、お目当てのメトロポイントは中段よりやや下にありますので、見つけてクリックしてください。

メトロポイント交換

この画面が開きますので、「交換する」をクリック。
そうすると本人確認の手続きが始まります。おそらく1回目だけだと思いますが、名前とメールアドレスを入力して登録すると、暗証番号の入力画面にうつり、最後にSMSで認証作業で終了です。

認証作業が終わると、いよいよ交換手続きです。

「お客様番号」というのは、ソラチカカード表面に記載されている「お客様番号 / ANA Number」のことです。ANAマイレージクラブ番号と共通になっています。姓名をローマ字半角英数大文字で入力して、交換するポイント数を入力します。

メトロポイントからANAマイルへの交換は、毎月2万までというルールがあるので、その上限だけ気にすればいいですね。今月はポイントが貯まっていませんので、5,000ポイント程度ですが、来月からは上限いっぱいまで変更したいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする