ハピタス→ドットマネーの移行手順

ポイントサイトも預金通帳を毎日みているものの、判定中が多くまだポイントはあまり貯まっていないのですが、前回記事にしたスケジュールに沿って、1度目のポイント移行の手続きを行いましたので、報告したいと思います。

ハピタスポイントは毎月移行したほうがいい?

ANAマイルを貯める上で欠かせないハピタスの場合、「1ヶ月に3万ポイントまで」という交換上限が設けられています
現在判定中のポイントを考えると、来月には3万ポイント超えるのは間違いありませんので、1ヶ月の交換上限を超えてしまいます。3万以上貯まってしまった場合は、月をまたいで翌月に移行するしかなくなりますので、ポイント交換の渋滞を起こさないためにも可能な分だけでも早めに交換しておくことが必要ではないでしょうか。

ポイントは交換してこそ価値がありますので、月初(理由は前回記事です)に上限いっぱいまで交換しておくことが効率的ではないでしょうか

まだ、ポイントはあまり溜まっていませんが、今後のソラチカーカードの活用に向けて、効率的な交換スケジュールを確認しておきます。 毎月の交換ス...

ドットマネーへの交換手順

改めて交換ルートを確認しておくと、ソラチカルートはハピタス→ドットマネー→東京メトロ→ANAマイルですね。

ソラチカルート

まずはドットマネーへの移行となりますので、ドットマネーへの会員登録をしました。まだの場合は、先に済ませておいてください。ハピタスから届く、ドットマネーギフトコードを登録して完了になります。

入口

ハピタストップページから、右上の「ポイントの交換」をクリックします。

ハピタスからドットマネー

交換先には各種ギフト券や、銀行口座への振込などがあります。最終的にANAマイルにしたい場合は、「ドットマネー→メトロ→ANAマイル」というソラチカルートを使うので、交換先はドットマネーを選択することになります。

秘密の質問

不正利用を防ぐため、ハピタスでは「秘密の質問」 を必ず設定しておく必要があります。設定してある場合は、ポイント交換時にこの画面が出てきます。

入力フォーム

氏名の入力と交換額をプルダウンから選択して「確認する」をクリックします。

ポイント交換PW入力

パスワードを入力して「交換する」をクリック。
これで申請手続きは終了となります。

ハピタス→ドットマネーは即時移行ではありません

交換必要日数

ハピタスからは最短でも中2日、土日が絡むと中4日かかってドットマネーギフトコードが届き、ドットマネーのHPで登録することで完了します。
ソラチカルートを効率よく回すためには、毎月遅くとも5日には移行を申請したいところですね。前回の記事で説明しました「12日」に確実に間に合わせるためです。

今回は5,000ポイント程度ですが、これでようやく第1歩を踏み出しました。なかなか大変(主にブログを書くのがですけど)でしたけど、これからどこまで貯まるか非常に楽しみです!!

ギフトコードからドットマネーへの交換手続きもあらためて、あらためて報告させていただきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする