複数の保有ポイントの管理が大変。そんなときには「ポイ探」を活用!!

陸マイラー活動にはポイントサイトの活用が必須なわけですが、登録先が増えてくると「今、どこのサイトに、いくらポイントを保有しているのか」というのを把握するのが手間になってきます。

それぞれのポイントサイトを巡って保有ポイントを確認して、エクセルで管理するのももちろんありですが、ポイント探検倶楽部(略して「ポイ探」)を利用することで、ポイントの管理を代わりにしてくれます
さらに、どのポイントがANAマイルに移行できるのか? どういうルートで移行するのが一番お得なのか? ということも調べることが可能です。

今回はポイントサイトを利用してマイルを貯めるのに使っておくべき便利なサイトの「ポイ探」についての記事です。

ポイ探とは?

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた「ポイントプログラムのポータルサイト」です。

航空会社や家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカードなど、今の日本には、メジャーなものだとTポイントやポンタのように企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスがあるわけですが、これを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく管理・集めるためのサポートをしてくれます。

ポイント交換の際のレートや、マイルに換算したらいくらになるのかなどを調べたい時などに非常に活躍してくれます。

ポイ探の機能は大きく4つ

1.ポイント交換ルートを一発検索

ポイ探は、ユーザーの手持ちポイントを希望のポイントに交換するためのルートを一発で検索できます。交換ルートのナビ代わりになります。

「ハピタス」のポイントが、一体どういうルートで、どんな移行率で、どれだけの期間でANAマイルにできるのかを調べてみましょう。
ポイ探サーチ

検索のオプションをクリックして、「ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO JCB)」にチェックをいれます。 ソラチカードを保有していない方は、まず発行してくださいね。最終的に手に入るANAマイルの数値は大きく変わりますので。

検索オプション
検索ボタンを押すと、ハピタス10,000ポイントをANAマイルに交換したら、このような結果が得られます。

交換ルート
「ハピタス→.money→東京メトロ→ANA」で、ANA9,000マイルという検索結果が出ました。これがいわゆるソラチカルートです。

大量にANAマイルを獲得するために不可欠な『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)についてみていきます。...

2.ポイント概要を見ながら、交換先を探す「ポイントサーチ」

ポイントサーチ

各ポイントプログラムの概要ページでは、特典やポイントの獲得方法などと共に、交換可能な交換先を掲載しています。気になる交換先をクリックすると、その交換先のポイントプログラムの概要と交換率などが表示されるとともに、そこからさらに交換できる先が表示されます。

この「ポイントサーチ」機能は、「利用しているポイントプログラムの特典に欲しいものがなく、何かいい交換先がないかを探したい」と、こんなときに使う機能になります。

3.希望のポイントに交換できるポイントを探す「ポイント逆サーチ」

「ポイントサーチ」は、ポイントを交換できる先を探す機能ですが、「ポイント逆サーチ」はその反対に、希望のポイントに交換できるポイントを探す機能です。ポイント逆サーチ

ポイント逆サーチで ANA を選択すると、JCBカード や 三井住友カード、TSUTAYA、マツモトキヨシ、みずほ銀行、So-net、Gポイント など、ポイントを ANA のマイルに交換できるポイントプログラムが一覧で表示されます。

上記画像は、TポイントからANAマイルへ交換した場合です。交換率を見てもらうとわかるかと思いますが、1:2の比率での交換となります。

「ポイント逆サーチ」は、様々なポイントを希望のポイントに交換できるかどうかを確認できる機能です。

4.ポイントの一元管理「My ポイ探」

「My ポイ探」では、自分の登録しているポイントサイト・各クレジットカード会社のポイントプログラムを一元で管理することができます
暗号化キーを設定してアカウント情報も登録すると、自動で最新の情報に更新することもできる優れものです。

ユーザー登録をしないと利用できませんので、利用したい方はまずはユーザー登録です。新規ユーザー登録
サイトの右上部にある新規ユーザー登録をクリックして登録しましょう。

登録が完了したら、次は自分が保有するポイントをポイ探に登録します。ハピタスを登録してみたいと思います。

myポイ探登録

Myポイ探画面の左下、管理するポイントを追加するをクリック。
途中、「暗号化キー」を設定して、その後ハピタスのアカウント情報を入力します。
ドル箱となっていますが、ハピタスのことです。
ハピタスの登録メールアドレスとパスワードを入力したら、登録をクリック。

登録画面

登録が終わると、自動的にハピタスのポイント数が表示されるようになります。

ポイ探連携

他のポイントサイトや、各種クレジットカードのアカウントを同様にポイ探に登録していけば、ポイ探を見るだけで全てのポイント総数がわかるようになります。
Myポイ探にも反映されていますね。

MYポイ探

緑色ボタンの一括更新を使うと、ポイ探に登録した全てのサイトのポイント数の最新状況が取得できます。ただし、PeX等、一部のセキュリティが厳しいサイトでは一括更新が効かないので手動で更新する必要があります。

まとめ

ポイ探の主な4つの機能うち、特に一つ目の「交換ルートのナビ機能」と4つ目の「Myポイ探」は本当に役立ちます。
これらの機能利用すれば、ポイントの管理が劇的に楽になりますし、また、最適移行ルートの確認なだけでなくポイントサーチを使うことで、調べる手間を大幅に減らすことができます。
無料で使える優良サイトですので、積極的に活用していき、陸マイラー活動を一層進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする