スポンサーリンク

2018年夏!!~グアム国際空港のサガンビスタラウンジにプライオリティパスを利用して行ってきたよ偏~

今回の記事では、グアム国際空港の「サガンビスタラウンジ」の模様を子連れ目線も加えてレポートしたいと思います。
今年の夏のハワイ旅行、往路のトランジットで夜中にグアム空港内で滞在せざるを得ませんでしたが、果たして快適に過ごすごとが出来たのでしょうか?!

グアム空港内のラウンジの位置

グアム空港には、ラウンジが2つあり、1つは「ユナイテッドクラブラウンジ(United Club)」、もう一つが今回ご紹介する「サガンビスタラウンジ(Sagan Bista)」であり、航空会社や営業時間により利用できるラウンジが違っています。

これらの2つのラウンジは、営業時間が異なっており、深夜の時間帯だと「サガンビスタラウンジ」一択となります。

「サガンビスタラウンジ」は、出発ゲートのある2階にありまして、出国手続きの保安検査場を出た右手側にあります。

グアム空港内

事前に調べてなかったせいもありますが、1階の到着ロビーに到着後、どこに行けばいいかわからず2人くらいに空港スタッフに場所を聞くことになりました・・・

ということで、まずは、到着ロビーから2階にあがりましょう。そうすると保安検査場がありますので、保安検査場を通過した先にラウンジがあります。

この時点で夜中の1時を回っていましたが、ちょうど混雑している時間帯なのか、保安検査場が混んでいて、ラウンジに入れたのは2時前ぐらいになりました。下の娘が寝たままだったので、長時間抱っこすることになり、かなりつらい時間でしたね・・・

いろいろありましたが、2階にあがり、保安検査場を通過してしまえば、あとは7番ゲートを探すのみです。
7番ゲートの前にいくと、すぐに下記の「Sagan Bista」と書かれた看板と入り口が見つかります。

サガンビスタ看板

入口を入るとすぐ正面に受付がありますので、係の方にプライオリティパスと航空券を提示すればOKです。
プライオリティパスレシート
受付を終えると、このようなレシートがもらえまして、最後にラウンジユーザー数が「1」となっていることで、子供の料金がかからないことが確認できました。

ちなみに、「サガンビスタラウンジ」では、「プライオリティパス」や対応しているクレジットカードを持っていなくても利用可能です(利用料金は忘れちゃいました・・・)。

営業時間と提携エアライン

「サガンビスタラウンジ」の営業時間は、00:00~10:00 / 13:00~17:00となっており、ちょっと変則的な営業時間となっています。グアム空港の出発便の本数との関係があるようで、このような営業時間になっているようです。

「サガンビスタラウンジ」が提携しているエアラインは、以下の航空会社となっています。

  • 日本航空(JAL)
  • チャイナエアライン
  • 大韓航空
  • フィリピン航空
  • チェジュ航空

これらのエアラインのビジネスクラス以上利用者又は上級会員の方は当然利用できますし、その他にもダイナースクラブカード保有者やプライオリティパスの保有者も利用することが可能です。

ダイナースブランドのカードなら、本会員、家族カードどちらも無料で利用できます。
また、今回はプライオリティパス保有者として利用したのですが、「サガンビスタラウンジ」は11歳未満の子どもは同伴無料となっていますので、ラウンジの利用に全く費用がかかりませんでしたので、非常に助かりました。

ちなみに前回の記事で紹介しましたが、アメックスゴールド、楽天プレミアムカードなどを持っていれば、プライオリティパスを無料で発行することが可能です。

個別の記事編第1弾は「プライオリティ・パス」についてです。 そもそもプライオリティ・パスとはなに?というところから、見て行きます。 ...

ラウンジ内の様子

さて、ラウンジの中の様子を入口から奥に向かって撮った写真ですが、このような感じでソファが並んでいます。ソファは若干くたびれているものが多い印象です。右手と奥にもスペースがあり、そこには少しですが長いソファーがありますので、横になることも可能です。

サガンビスタラウンジ入口から奥

こちらは、奥から入口方面を撮った写真です。

ラウンジ奥から入口

入口から右手の空間です。長いソファーがあるのが見えるかと思います。このタイプのソファーはそんなに多くありません。
ラウンジ右手スペース

続いて、奥のスペースです。この日は、ラウンジに入った当初入り口付近の席は割と混雑していましたので、この辺りのスペースを利用しました。
ラウンジ奥

雑誌や新聞もおかれており、日本語版もありました。
雑誌
新聞

注意事項の案内とフリーWi-Fiの案内もありまして、Wi-Fiを利用する場合は係の人にパスワードを聞くことになります。
Wi-Fi

その他には、シャワールームも2つ設置されています。トイレの奥にありましたが、個人的にはあまり利用しようとは思わないような環境でしたよ。ラウンジシャワー

ラウンジに入った当初は少し混雑していましたが、少しするとガラガラになり、利用しているグループは全部で5組程度となりました。

下の娘は引き続き寝ていましたので、ソファをひっつけてベット代わりにして、寝かすことにしました。起きることはなかったので、聞いてはないですが、それなりに快適だったのではないでしょうか(笑)

また、海外の飛行機内や空港は空調が効きすぎていて寒いことが多いので、防寒対策が重要です。
今回、ラウンジでブランケットを借りられることを事前に調べていましたので、予想通り寒かったこともあり、係の方からお借りして、息子を寝かすときにも利用しました。
借りるときにパスポートを預ける必要があったのですが、持って行ってしまう人が過去にいたんでしょうかね。
ラウンジベッド
係の方から、最後はもとに戻しておいてね~と言われましたので、出発時に元通りにて、ラウンジを後にしました。娘は引き続き就寝中。。。

充実の軽食とドリンク

「サガンビスタラウンジ」で提供されている食事とドリンクを紹介しておきます。飲み放題にもかかわらず特にドリンクが充実していた印象です。

まずはサラダと玉子焼き?らしきもの。食べてはいません(笑)
ラウンジサラダ

続いてフルーツの盛り合わせ。見ての通りですが、メロンが中心でした。長男が美味しいと言って食べてましたよ。
フルーツ
ハンバーガーもありました。
ラウンジハンバーガー

これは、チャーハンとスクランブルエッグです。
ラウンジご飯

その他の主食としては、おかゆとパンもありました。
ラウンジおかゆ

ラウンジパン

ソーセージに蒸し?餃子。真夜中ですし、脂っぽいものはきつい年齢になっていますので、やはり、食べていません。
ラウンジウインナー
ラウンジ餃子

これは初めて見ましたが、ホットドック用のウインナーがコロコロしています。写真を撮り忘れましたが、横にロールパンがおいてありまして、トッピングを選んで自分でホットドックを作ります。
これも息子が食べて、美味しいと言ってました。真夜中ですけど・・・
ラウンジホットドック

右側がホットドックのトッピングで、左側はおかゆのトッピングです。
トッピング

これで食事の紹介は最後となりますが、みなさんもご存じ「辛ラーメン」。大韓航空が提携していためか、ラウンジ利用者のほとんどの人が食べていて、一度全部なくなりました。係の方が速やかに出してくれましたので、事なきを得ました(笑)

これは私も食べました。夜中のラーメンはほんとに美味しい。これまた息子も辛い、辛いと言いながら食べてました(笑)
ラウンジカップラーメン

食べる前の写真。スパークリングワインとともに。
辛ラーメン

続きまして、飲み物の紹介です。
まずは、ワイン?にスピリッツ系とナッツのおつまみ。
スピリッツ
一目でわかる充実しているソフトドリンク。コーラを中心とした品ぞろえになっています。セブンアップは海外に行くとほんとに見かけますね。
ソフトドリンク

妻がどうしても飲みたかったようで、新しいスパーリングワインを開けていました。その後、ほかの方も続々と飲んでました(笑)
私は、バドワイザーを1本飲むにとどめました。真夜中ですからね~
アルコール

その他にもコーヒー、紅茶などが飲めましたよ。カップラーメンのお湯もこのマシーンで入れることが出来ましたが、カップラーメンを作るには、お湯の温度がややぬるいので、3分だと麺が硬かったです。

まとめ

今回、トランジットで夜中を過ごすことになった「サガンビスタラウンジ」でしたが、かなり快適に過ごすことができた印象です。

グアム空港内は、ベンチの数が少ないようで、ラウンジの外は夜中にもかかわらず人が溢れていましたから、ラウンジ内の落ち着いた雰囲気と対照的でした。

ラウンジ内の軽食とドリンクも食べ飲み放題ですし、帰国してからも長男は「ラウンジ、すごかったよね~」というぐらいなので、グアム空港を利用される方は、訪問してみてはいかがでしょうか。少なくとも飲み物は十分すぎるぐらい揃っていますので、出発前に酔っぱらうことが可能です(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする